とある殺人計画


俺はアイツの存在が許せない・・・。殺したいくらいな。
だから今、俺は憎きアイツを殺すための計画を考えた。

その計画というのはな・・・、まずゴム手袋をしてナイフで心臓を一刺するんだ。
なぜなら指紋が残らないかな。そしたらあえてナイフは抜かないんだ。
ナイフを抜いたら大量の血がでてくるんだ。そのあとはその死体を川に投げ入れるんだ。
川に入れてしばらくしたら体の空気が抜けて沈むはずだ。あとは逃げるだけだな。

これで計画は完璧だ・・・いや・・・この計画を俺のほかに知っているやつがいるな・・・?
よし・・・まずはそいつらから始末しにいこう・・・。



【解説】  まず始末されるのは、いま、計画を聞いてしまったあなたですね。


4人の対決が同時に行われた!

魅音(じゃあ、最初は青!)

さとこ(ちょっと、圭一さん当たってます事よ!)

圭一(あ、すいません!)

詩音(ちょっと、圭ちゃん今度はこっちが当たってますわ!)

圭一(メイド服を着てますのでちょっと・・・。)

心の中のリカ(圭一?まさか、メイドになりきっている?)

羽入(女の子姿だから全然圭一の行為がいやらしく見えないのです!

むしろ、気にしてる詩音とさとこが変なのです!)

詩音(圭ちゃん、やりますね!身も心も女の子というわけですか!)

メイド服の圭一(すいません、お嬢様!)

さとこ(はん、変なとこに当たってますのよ、圭一さん!)

メイド服の圭一(力が及ばなくてすいません、さとこ様。)

耐えきれなくなったさとこが脱らくした。

心の中のリカ(やるわね、メイド圭一!今は詩音を倒すのが先!)

詩音(ちょっと、リカちゃま、くすぐりは反則はっはっは!)

リカちゃん(部活ではありなのですよ、み~。)

詩音(やってくれたわね、この~。)

圭一(うわ~!)

詩音の攻撃が圭一に直撃し、メイド服圭一撃沈!

レナ(これで詩~ちゃんとリカちゃんの一騎打ちなの!)

心の中のリカ(さすがにやるわね、詩音!私のくすぐりも効かないなんて打つ手なしだわ・・・。)

詩音(あ、ごめん、リカちゃんの手踏んじゃった。あれ、足も踏んでる、ごめんね~わざとじゃないんだ!)

心の中のリカ(出たわね拷問狂が!これも私の狙い!あとはこいつのバランスを崩して!)

詩音(おや、私を転ばそうとした?やってくれるね、この娘は!)

魅音(ちょっと、詩音やり過ぎだよ!リカちゃん、大丈夫?)

詩音のえげつない攻撃によりリカは負けた。

詩音(私はダメですね~、こういうゲームは向かないんです。後はリカちゃんに譲りますね~!)

羽入(大丈夫ですか?リカ!)

心の中のリカ(ホントに躊躇しない敵とは恐ろしいものね・・・。)

なんとか勝ちを手にすることができた。