兄貴






私は身体が弱く、華奢なのもあってか小さいころから、兄貴2人から過保護にされてる。

夜、一人で出かけようとすると、変な男にナンパされないように見守るためか、

仕事を終えたどちらかの兄貴が



「俺も行く!」



と言ってついて来る。お陰で友だちとかに彼氏だと間違われる。

あと、友だちと夜遊びに行ったときは、絶対に兄貴たちが寝ないで待ってる。



兄貴たちに今年の夏に着る予定の水着を見せたときも、足の付け根の食いこみが深過ぎるから

もっとおとなしいのにしろって言われたり。でも、車のこととか色んなことを教えてくれる。



この前、私の部屋にゴキちゃんが出てきたときも、真夜中にも関わらず、始末しに起きてくれた。

イイ兄貴たちだ。



兄貴たちには言わないけれど、彼氏にしたい理想の人は兄貴たちだ。

いまのところ兄貴たちを超えるような男の人には出会ったことがない。

いまでも仲が良くて、たまに私たち3人兄弟で銭湯に行って兄貴たちに背中を流してもらってます。





















【解説】

「兄弟」ということは語り手も男……

風呂も一緒だしな。ホモの三兄弟で弟は女装または性転換してる。



 



さとこ(圭一さん、レナさんに摂られたのがキーホルダーでよかったですわね。)



圭一(そうなったら、冗談じゃすまないぞ・・・。綿流しも中止になるかも・・・。)



詩音(もしもレナさんにふざけて見せてたら、ホモになってたかもしれませんね♡)



そう言いつつ、詩音は悟史君のいた一年前を思い出していた。


人気ブログランキングへ